2012年8月1日水曜日

22冊目「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」


今回はMF文庫から発売された「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国」です。
著者は「鋼鉄の白兎騎士団」などの舞阪洸
イラストは「ラノベ部」などのよう太

ここは、戦の絶えぬ世界。
魔女が人に追われ、疎まれ、攻め滅ぼされんとする世界。ある日、その男は落ちてきた。“黒き森の魔女"ハリガンの前に
――風呂の 天井から。「な、な、な、なんじゃ貴様は!?」「乳だ! しかもでかい! 」
――ただ滅びを待つ魔女の国に、突如現れた異界の男
――「こっこら、勝手に人のぁあ乳をうぁぅ揉むなんぁぁっっ! 」「巨乳巨乳巨乳! 」
――記憶を失い、名に“龍王"を持つ、奇妙な出で立ちの男
――「おとおと男があねあね姉様のおっぱいをぉぉぉぉ!?」「落ち着けユウキ! 」
――かくて“戦才"と“魔法"は出逢い、運命の歯車は逆転をはじめる!
艶やかに舞う戦乱無双ファンタジー、ここに開幕!

舞阪洸らしい、シリアスにしっかり戦を描いたりするなかに、ふわふわとした部分を混ざっていて戦物ですが、読みやすい内容です。
そして相変わらずのエロスもバリッと含まれてます。
舞阪作品が肌に合う人は安心して読みましょう。

主人公が記憶喪失気味で異世界に飛ばされて、助けてもらったお礼に一宿一飯の恩義で人との戦に劣勢の魔女に加勢して、魔法を組み込んだ戦略を生かして人との戦に臨んでいくといった内容で、安心安定の舞阪クオリティです。
主人公の正体は9割の人が30Pくらい読んだ段階で誰だかわかるかと。隠す気無いぞこれ!

それにしても表紙がエロゲのパッケージにしか見えないwww
これと、あらすじに嫌悪感や苦手意識が出なかった人は手にとって見てください。
キャラと言いシナリオといい全体的に安定したクオリティですのでオススメ 。
ここから舞阪作品に入るのもいいんじゃないでしょうか。

緩やかな滅亡という過酷な運命を前にした魔女たちを、
本当にその男は救えるのか。

落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国 (MF文庫 J ま 2-1)
舞阪洸
メディアファクトリー (2012-07-23)
売り上げランキング: 408

0 件のコメント:

コメントを投稿