2012年9月7日金曜日

ハートオブクラウンで遊ぼう


偉大なる皇帝の突然の崩御――
後継者候補は七人の姫君!

今回はデッキ構築型カードゲーム「ハートオブクラウン」を紹介しようと思います。
これは同人サークルFLIPFLOPsさんが制作している非電源ゲームです。
ドミニオンを基礎に、色々とルールを追加したようなゲームになっています。

ドミニオンであれば、リソースを集め、行動カードを集め、後は勝利点を集めるだけ。最後に点数の一番高かった人の勝利!という形でゲームが進められていきます。
ハートオブクラウンはそこに二手間程加わります。
領地(リソース)を集め、行動カードを集め、姫を擁立し、継承点を集め、継承点を姫に捧げる。
ドミニオンでは買うだけで良かった勝利点ですが、ハトクラでは継承点を買ったあと更に1アクション使用して姫に捧げなくては勝利に繋がりません。
また、姫は様々な特殊能力を持っているため、どの姫を擁立するかによって戦略がそれぞれ変わってくる点なども非常に面白いと思います。

 これが姫カードになります。姫を擁立するには6コスト分の領地が必要になります。
姫の擁立に使用した領地カードはコストの高いものから3枚が直轄地となります。
この直轄地には手札にある行動カードを領地のコストより低いものであれば、キープすることが可能です。これにより、そのターンは使わないけど後々使いたい物などを使いたい時に使えるのです!

コレが行動カードです。説明文の右や下に矢印のマークがあります。コレがカード使用時の残りアクション数を示す連結マークになります。
右に矢印があれば、そのカードを使用後に続けてもう一枚まだカードの使用が出来るという状態です。
写真の歩兵大隊のように矢印が無い場合は、このあとカードを続けて使用することは出来ません。
しかし港町のように下にも矢印が出ていた場合はそこから更にカードの使用が可能です。

これは領地カードです。ドミニオンでいう所のリソースカードですね。コレを使用して行動カードや継承点カードなどを購入していきます。
農村は初期手札のみに各自7枚ずつ存在し、姫擁立時に農村を使用すると継承点が1枚につき-2点されてしまいます。
擁立時は直轄地となり、行動カードのキープが出来るので、出来れば大都市や都市で擁立したいところです。 

コレが継承点カードです。姫擁立後はこのカードを姫にセットしていき、20点集めて戴冠式を宣言します。そのターンに他に20点に達する人がいなければ勝利となります。
他に20点に達する人がいた場合はサドンデスとなり、先に30点に到達したほうが勝利となります。

このような形で非常にざっくりですが紹介してみました。
個人的にはドミニオンよりもこちらの方が非常に好みです。
デッキ構築型カードゲームが好きでまだやったこと無い方は是非どうでしょう?

ハートオブクラウン~Heart of Crown~
FLIPFLOPs
売り上げランキング: 12474

0 件のコメント:

コメントを投稿