2012年10月26日金曜日

39冊目「暗号少女が解読できない」

今回は10月25日発売のスーパーダッシュ文庫新刊「暗号少女が解読できない」の感想です。
この作品は第10回スーパーダッシュ文庫新人賞大賞受賞作になります。

転校早々、孤立してしまった少年・西村
だがそんな西村に唯一話しかけてくれた美少女・沢渡遥から手紙を渡される。それが、暗号に情熱を燃やす不思議少女とのミステリアスな日々のはじまりで…!?

私にはまったく合わない作品でした。
主人公視点で話は進んでいくんですが、主人公の思考の言い回しとかが無駄に遠回りだったり変な喩え挟んだりでイライライラッってしちゃってダメでした。これはしょうがない。
それと掛け合いもあまり面白いとは思わなかったかなぁ……
読み進めるのが結構辛かったです。

作中に登場する暗号自体はよく考えられています。
暗号は解いてみたりしながら、なるほどと頷きつつ楽しんで読めました。
しかし文章が厳しかったなぁ……

苦手な文体がなかったり、軽く読んでみて大丈夫そうであれば問題なく買って損はしない作品じゃないかな?と思ったりします。
SDはあまり当たりを引かないなぁ……というイメージがつきつつある私です。

暗号少女が解読できない (集英社スーパーダッシュ文庫 し 8-1)
新保 静波
集英社 (2012-10-25)
売り上げランキング: 727

0 件のコメント:

コメントを投稿