2013年1月11日金曜日

46冊目「斉藤アリスは有害です。~世界の行方を握る少女~」

今回は1月10日発売の電撃新刊「斉藤アリスは有害です。~世界行方少女~」です。
著者は「探偵失格」の中維
イラストはGAN

斉藤アリス
やや痩せぎすだが愛らしい、一見普通に見える美少女。…しかし彼女こそは人類で唯一人、法によって定められた、周囲に不条理な災いをもたらす慮外の人類―「有害者(有害指定人物)」だった。
だが、それを信じない少年がいた。山野上秀明
どんなオカルトも信じない彼は、もちろん「有害者」も信じない。たとえ相手が不幸なら失恋から事故まで何でもあり、挙句テレビ局まで倒産させる不運のハリケーンであっても…。
アリスの秘密を暴こうと近づき、彼女のお友達役兼世話係の「アリス係」となった秀明は、やがて周囲から怖れられる彼女の、隠れた一面を知ってゆき―。

あらすじをパラっとめくって読んだ感想は、「有害者」の部分で国家令嬢を思い出し、「アリス係」という部分でさくら荘を思い出し、パクリ祭りか?と余り期待せずに読み始めました。

アリスの周りでは雷が落ちたり、雨が降ったり、カラスが鳴いたり、黒猫が横切ったり、靴紐が切れたり、車が横転したり、老人がヘルニアになったり、何かが爆発したり……
とにかく不運な事が次々と起こり、国から有害者として指定され、街を出歩くときにはアリス警報なるものが鳴り響き、通学路からは人々が一時的に逃げていく。
そんな斉藤アリスと、オカルトは信じず彼女の本性を探ろうとする主人公のお話。

とにかくアリスちゃんが可愛い!!あとラヴ先生のおっぱいがでかい!!
単巻物としてはぽんぽんとテンポよく話が進んでくれるので非常に読みやすいです。
多分続きは出ないでしょう。続けようが無いしな。単巻だから良かったんじゃないかと。

繰り返すようですが、とにかくアリスちゃんの可愛さを楽しむ作品です。
最後は意外と感動させられて、電車の中で涙ぐんだり……
今回の新刊の中では結構当たりなんじゃないか?と思ってみたり。

斉藤アリスは有害です。 ~世界の行方を握る少女~ (電撃文庫)
中維
アスキー・メディアワークス (2013-01-10)
売り上げランキング: 956

0 件のコメント:

コメントを投稿